ストーカー被害を防ぐために活躍する別れさせ屋の別れさせ方

ストーカー被害を防ぐには別れさせ屋が活躍するその概要

情報と適切なプラン

近年問題になっているストーカー被害を防ぐために、別れさせ屋が活躍する別れさせ方は手順があります。
わかる範囲で相手の情報を相談者から聞き出すのが最初に行う内容です。
つきまとっている相手の名前や住所・勤務先がわかれば解決が速くなります。

相手の詳細がわからない場合は、連絡してきた際の履歴や防犯カメラの映像から相手を特定するのがこの仕事の特徴です。
ストーカーにはいくつかパターンがあるので、どのような関係性の相手なのかそして心理状態を分析して対応策をスタッフが検討します。
相手が誰か個人情報が不明な場合でも、別れさせ屋は相手をつきとめる努力をするのが特徴です。
警察が関与できない相手でも対応をしてくれるので安心して利用できます。

ストーカーを刺激しない方法

ストーカーは無理に説得をすると逆効果になる場合があり、そのような時に活躍するのが別れさせ屋です。
多くの別れさせ屋が行う手順に調査・接触・工作の流れがあります。

警察に相談しても解決しないつきまとい行為をやめさせるには、専門の知識と経験がある別れさせ屋が活躍するのです。
日常生活に支障が生じないように、どのような方法が良いかまずは相手の素性を調べます。

第三者である別れさせ屋が接触し工作する事で、相手が冷静になる可能性が高くなるのです。
別れさせ屋が依頼者とストーカーの間に入る事で、比較的にスムーズに別れさせるケースがあります。
ボーダーと呼ばれる難しい心理状態の相手でも、別れさせ屋は上手に解決する手腕があるのです。


この記事をシェアする